忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



[ 2020/05/27 19:17 | ]
5pb.新作タイトル合同記者発表会
5pb

5pb.新作タイトル合同記者発表会へと行って来ました。
入場の際に白い封筒を渡されてテンションがあがる。マジの発表会な雰囲気。

フライングして、資料をぱらぱら見てると、バレットソウルOPは知っていたけど、ファントムブレイカーEDに「長谷川明子」の文字を見てテンションが上がったり。

トークなどの記事は他のサイトさんであがっているため、軽く、いきます。

発表会はさきに「ファントムブレイカー」の方からスタート。

ファントムブレイカー
http://5pb.jp/games/phantombreaker/

WEBでちらほら出ていた情報を改めて、プレゼン形式で行っていました。
僕はWEBの方はパラパラとしか観ていなかったので色々な駆け引きのシステムがあるんだなーと実感。後の乙選手との対戦イベントでも思ったけど、「相殺」が結構な回数起こる。見た目も分かりやすいのでいいなあ。

主題歌はアートリーベインの「幻崩のペンデュラム」。DLCでシュタゲやカオヘから参戦?
後々追加するんじゃなくて、DLCありきの発想は面白いなー。ぜひ、色んなキャラで遊んでみたいものです。

実際に遊んでみると、その相殺によって、下のゲージが一気に溜まっていくのを確認。なにもしなくても少しずつ上昇、攻撃するとさらに上昇。相殺すると一気に増える感じのようです。そのゲージを使って超必殺技を使ったりなんだりできるよう。自分でも超必殺技を使ってみたが、なかなか。入ると気持いいなあ。

あとはクイックとハードが選べるのが面白いかも。クイックしか遊ばなかったけども。このスタイル変化はどのくらい反映されるんだろう。

基本操作が同じでキャラの交換がしやすいというのも意外と珍しい気がする。ファントムブレイカーはストーリーがあって色んなキャラクターで遊んだほうが面白いと思うので尚更いいシステムかなって。

メイド・唯月と、忍者・柚葉をプレイ。
唯月の方は持ってる武器の特性上?、ミドルレンジらしく、操作にイマイチ慣れずじまいでした。逆に柚葉は近接っぽかったので操作しやすいかなあ、と感じました。どちらにせよ、一回じゃなんとも言えない感じ。



続いて「バレットソウル」。
http://5pb.jp/games/bulletsoul/

アッキーのコスプレが凄まじすぎて、記事にしようとしたメモがひどいことになってました。ので、プレイ感をば。
とりあえず、シューティングは未経験のはず(弾幕系は初)だったので全然、感覚、掴めなかった。あれ、初心者でも遊びやすいとか言ってなかった?と首を傾げるレベルでしたww
これはもっと練習が必要ですね、個人的にはまったく掴めなかったのでもっともっと遊んでみたい。

たしかに、敵を倒すと、倒した敵の玉が消えるというのは面白い。というか遊びやすいのかな。僕のような初心者には遊びやすくて、上級者的には攻める魅せ方ができるとおもう。社長が行っていた気がするけど、バレットソウルは弾幕を避ける魅せ方でなくて、攻めまくる魅せ方ができるというのがいいなあ。攻めるというアクティブな行動で魅せられるのはすごくかっこいいし、よりゲームを遊んでる感があると思う。



そんなこんな。格闘もシューティングも超初心者ですが、それでも遊んでみたいなあと感じることが出来る、そんな2タイトルでした。両作品ともそれでいて、キャラ要素がめちゃくちゃ強い。ゲームシステムもしっかりあり、キャラもしっかりしてると色んなアプローチをしていけると思うので、それらの展開も少し楽しみです。



PR


[ 2011/01/18 22:06 | Comments(0) | TrackBack(0) | 未選択 ]

トラックバック

トラックバックURL:

コメントを投稿する






<< 始めよう SAY "HELLO!!"  |  ホーム  |  2010 >>